こまねこ公式サイト Komaneko official Home Page
 
こまねこについて
こま撮りえいが こまねこ おたのしみ
こまねこグッズ こまねこblog


ストーリー

はじめに
制作準備開始
公開撮影
仕上げ〜完成
メイキングストーリーのトップページ
vol.1 制作準備開始 こまねこメイキングストーリー
1.企画2.打ち合わせ3.絵コンテ第二稿,第三稿4.VTRコンテ制作5.人形,セット完成
2. 打ち合わせ
【人形制作準備】
あびこよしこ
打ち合わせ
《Staff》
まず合田さんからイメージのデザイン画をもらって。あとはどんな雰囲気の人形か、合田さんの立体感覚もありますよね。だからそれも考えながら。
ごうだつねお 《Staff》
ネコはみんなが知っている生き物で、僕が思うネコも、阿彦さんが思うネコも、両方混ざるといいかなっていうのもあったりして、厳密に細かく決めていったってことよりかはいくつかの落書きめいた絵とかを見てもらいながら。あと、これは、「子猫なんです。」とか「女の子なんです。」とか、「人間だと何歳ぐらいなんです。」って話をしながら、ざっくりとお願いして作ってもらったって感じなのかな。

こま正面・横コンテ
何回もお仕事を一緒にやっているので信頼しているみたいなところがあって、きっといいようになるだろうって感じなんですけどね。確かに、正面と横と後ろとってこうきっちりした図面を描いてそれをお願いする訳じゃないので、絵の通りか否かっていうのは、ちょっとね。でも僕のイメージからは離れない物にしてくれるぞっていう、大船に乗ったつもりでお願いしているんですよ。
【セット制作準備】
ごうだつねお 《Staff》
まず、最初に書いたすごくラフな絵を見てもらって、後は言葉で「屋根裏部屋なんです。」とか「ちょっと、古い部屋です。」とか「元々はこの子の部屋じゃなくて、家の誰かが使っていた部屋かもしれない。」とか、「物置部屋なんだけど、それを部屋にして住んでいる。」とか、そういう言葉と雑な絵っていうので打ち合わせして。後は家辺さんの方から打ち合わせで、「こういうものはどうかな」っていう具体的な写真の資料とか出てきたりして、僕の方ももう少し具体的な絵みたいなものを、少しずつ出していったって回がありました。

大きくして見る

次に家辺さんが、セットのミニチュアっていうのを作って来てくれて、それで非常にわかりやすくなったんだけど、こまねこに対する部屋の広さとか。で、そこからまた修正をお願いしていって、立体になってくると今度ライティングはどうしようかとかいう話が具体的に出来るようになったんで、そっから「じゃぁこっちに窓をつけよう」とか、「こっちの壁はとれるほうがいい」っていう話をしていきました。
やべしんじ 《Staff》
まあ今回、セットはひとつですからね。こまねこの、こまちゃんのお部屋だけですから。簡単に合田さんに書いて頂いた絵を参考に、それを膨らませていったっていうだけなんですけれども。あまりそんな詳しい打ち合わせはしてないんで。どうしましょ、じゃ屋根裏で行きましょうかみたいな、屋根裏でどんな感じがいいかとか、そんな程度の軽い話で、それでこっちで絵を書いて模型を作って「こんな感じで行きたいんですけども」「いいですよ」ってそんな軽い感じで作っていきました。
考えるのは好きですね、こういうのを作りたいなとか、こまちゃんだったらこういうカメラとか映写機とかそう言う物の資料を探してきて、それを組み立てて、実際には無いんですけれどもこういうのがあったら面白いなっていう設計すると言うか計画するのが好きですね。作るのは好きじゃないんですよね、実は。
  1/3 つぎのページ
1.企画2.打ち合わせ3.絵コンテ第二稿,第三稿4.VTRコンテ制作5.人形,セット完成

(C)Copyright TYO dwarf